トップページ > 貴族の男性は中流階級の女性とセックスするのが好きだった

そのころの上流階級の女性の嫉妬は物語にもなっている

兼好法師がそれを締めくくって、「ようつにいみじくとも、色好まざらむ男はいとさみしく、玉の杯の底なきここちぞすべき」と言っている。さし当たって我々は、底のない馬穴のここちというべきか。女性コレクター。まだ奈良時代のバイタリティとおおらかさが残っていた平安初期を代表するプレイボーイ在原業平は、政治的に不遇であった在原一族が、あることないこと掻き集めてでっち上げた性愛の英雄であった。

その業平に代わって、藤原氏の全盛期であった平安中期に登場した『源氏物語』の主人公の光源氏は、野党のレジスタンスの所産であった業平と違って、天皇が皇子を臣籍にくだして賜る源姓を名乗る高貴な身分である。天皇をのぞくリッチな与党の第一人者である上に、美貌と学問と才芸に恵まれ、おまけに多情多恨で、一度寝た女性は美醜にかかわらず見捨てないというヒューマニストなのだから、当時の理想的な男性像である。もちろん前代に引き続いて一夫多妻という大前提あってのことだが、光源氏は何十人の愛人を持とうとも読者に文句を言わせない、偉大なる女性コレクターに仕立てられているのである。

だから光源氏は、女性向きのあらゆる情念やテクニックを持ち合わせているが、これという個性がない。もっとも非個性的で選り好みをしない八方美人でなければ、それこそ八方ふさがりで、とても偉大なるコレクターになれるはずがない。それに反して源氏に愛される女性たちは、何とまあ個性的で生き生きとしていることか。これはつまり『源氏物語』が男を描こうとした作品ではなく、一夫多妻制度のもとで愛に生きるよりほかはなかった貴族女性の哀歓を描こうとしたものだからである。


新着情報
2014/12/07 注目記事を更新しました。
2014/12/03 新着記事を更新しました。
2014/12/02 生霊となった女を更新しました。
2014/11/29 恋敵の中流を更新しました。
2014/11/27 内攻する上流女性を更新しました。
2014/11/25 話題の中心を更新しました。
2014/11/24 貴族の男性は中流階級の女性とセックスするのが好きだったを更新しました。
2014/11/21 ホームページをリニューアルしました。

他サイト紹介
ユウカンネット口コミ風俗情報局姫ちゃんねる
地域検索からエリア内の駅名で細かく風俗情報を検索できます。お店側の自作自演やウソ投稿を徹底的に排除する努力をして運営風俗の情報がギッシリ詰まった当サイト。検索方法はとっても簡単。